Lazy logs

日々の怠惰録

読んだ

Small Worlds: The Dynamics of Networks Between Order and Randomness (Princeton Studies in Complexity)

Small Worlds: The Dynamics of Networks Between Order and Randomness (Princeton Studies in Complexity)

スモールワールド―ネットワークの構造とダイナミクス

スモールワールド―ネットワークの構造とダイナミクス

Duncun J. Wattsによる名著.
職場の先輩に借りて,1年くらい机の上に積ん読されていたのをようやく読んだ.
なんで今まで読んでなかったんだろうというくらい有名な本なんだけどね.


内容はグラフの定義から始まり,cave-manモデル・ランダムグラフモデルを経て,
Small Worldグラフを導いていくような内容.具体的な内容は割愛.


原著も日本語訳版もわかりやすく書かれていて,
頭からSmall Worldが定義される1章末までスラスラ読めた.
幾つかの有名なグラフモデルも道中で定義されていくため,
個人的には非常に収穫が多かった.


2章は実際のグラフ構造を対象にした分析事例なども記載されたけど,
こっちはそこまで興味がそそられず流し読み程度だった.